選ばれる理由 - PHOENIX CORPORATE ADVISORY MALAYSIA SDN. BHD.

header.image.200228

マレーシア+603-2276-6388`日本語可 お問い合わせ
東京+81-3-5772-6636

選ばれる理由

フェニックス・マレーシア

選ばれるー7つの強み

❶クライアントごとに最低3人の担当が付く

すべてのクライアントに日本人会計士、ローカル会計士、日本人コーディネーターの3人の担当がアサインされることになっています。会計士が日本人とマレーシア人が付くことにより、会計の専門的要素は2名の担当によりカバーされます。また日本人コーディネーターも1名付くため、日本語サービスも常時2名によりカバーされます。

<h3><img src="images/riyuu/riyuu_ti.png" alt="フェニックス・アカウンティング選ばれる理由 ─7つの強み─" style="margin: 30px auto 25px; display: block;" /></h3> <div class="riyuu_box"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>1</span>クライアントごとに最低3人の担当が付く</h4> <p>すべてのクライアントに日本人会計士、ローカル会計士、日本人コーディネーターの3人の担当がアサインされることになっています。<br />会計士が日本人とシンガポール人が付くことにより、会計の専門的要素は2名の担当によりカバーされます。また日本人コーディネーターも1名付くため、日本語サービスも常時2名によりカバーされます。</p> </td> <td style="text-align: right;"><img src="images/riyuu/riyuu1.png" alt="クライアントごとに3人の担当が付く" style="margin-left: 20px;" /></td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box2"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td><img src="images/riyuu/riyuu2.png" alt="日本の会計・税務実務に精通している" style="margin-right: 20px;" /></td> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>2</span>日本の会計・税務実務に精通している</h4> <p>日本の公認会計士資格を持ち、日本での会計・税務実務を持つ日本人会計士が所属しているため、以下の利点があります。<br />・日本の上場会社の実務経験もあるため、上場会社の子会社の場合は、日本の親会社決算に合わせた議論やスケジューリングが可能。<br />・日本の会計・税務実務の基礎知識があるため、経営陣や本社の経理担当者に、制度の違いを比較した形式でわかりやすく説明することができる。</p> </td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>3</span>日本語でのコミュニケーションに問題がない</h4> <p>日本人会計士の他に日本人コーディネーターも1名アサインされるため、繁忙期に日本人会計士がつかまりにくい場合などであっても、日本語のコミュニケーション・チャネルが確保されています。</p> </td> <td style="text-align: right;"><img src="images/riyuu/riyuu3.png" alt="日本語でのコミュニケーションに問題がない" style="margin-left: 20px;" /></td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box2"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td><img src="images/riyuu/riyuu4.png" alt="決算前の準備がしっかりしている" style="margin-right: 20px;" /></td> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>4</span>決算前の準備がしっかりしている</h4> <p>決算の2か月ほど前に決算打ち合わせを必ずすることになっているため、決算前に論点確認ができる他、決算方針を理解したうえでの決算が可能になります。また日本人会計士・コーディネーターがいるため、日本の親会社や株主を交えた決算方針協議ができます。</p> </td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>5</span>決算スケジュールが守られる</h4> <p>決算準備の打ち合わせが行われることにより、決算スケジュールを共有することができます。シンガポールの決算および税務申告の法定の期限は、日本より遅いため、ローカル事務所に任せていると、いつまでたっても決算が終わらないと感じます。フェニックスでは必ず決算スケジュールのご要望を確認して、それを順守することになっています。これが何かの理由によって遅延する場合は、早めに報告及び了解を得ることになっています。</p> </td> <td style="text-align: right;"><img src="images/riyuu/riyuu5.png" alt="決算スケジュールが守られる" style="margin-left: 20px;" /></td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box2"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td><img src="images/riyuu/riyuu6.png" alt="日本に関連事務所があるため、連携したサービス提供も可能" style="margin-right: 20px;" /></td> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>6</span>日本に関連事務所があるため、連携したサービス提供も可能</h4> <p>フェニックスは日本にて創業され、パートナーの一人がシンガポールに進出して設立した会計事務所です。そのため、日本事務所と連携したサービスが可能です。シンガポールの子会社の記帳を東京で行い(親会社の経理部にてモニタリングしたいため。)、税務申告等をシンガポールにて行っているケースもあります。</p> </td> </tr> </tbody> </table> </div> <div class="riyuu_box"> <table style="width: 100%;" cellspacing="0" cellpadding="0"> <tbody> <tr> <td style="vertical-align: top;"> <h4><span>7</span>アジアの日本人会計士ネットワークに加盟<br />アジアで展開している企業には使い勝手が良い</h4> <p>フェニックスは自社グループで日本の他、マレーシア及びインドネシアにも事務所を展開しております。また、日本に本部を置く日系会計事務所ネットワークであるハヤブサ・インターナショナルのメンバーファームです。同ネットワークでは、その他、タイ、ベトナム、インドをカバーしています。<br />該当国に拠点をおくクライアントに対しては、メンバー事務所と連携したサービスの提供が可能です。</p> </td> <td style="text-align: right;"><img src="images/riyuu/riyuu7.png" alt="アジアの日本人会計士ネットワークに加盟しているため、アジアで展開している企業には使い勝手が良い" style="margin-left: 20px;" /></td> </tr> </tbody> </table> </div>
日本の会計・税務実務に精通している

❷日本の会計・税務実務に精通している

日本の公認会計士資格を持ち、日本での会計・税務実務を持つ日本人会計士が所属しているため、以下の利点があります。

・日本の上場会社の実務経験もあるため、上場会社の子会社の場合は、日本の親会社決算に合わせた議論やスケジューリングが可能。

・日本の会計・税務実務の基礎知識があるため、経営陣や本社の経理担当者に、制度の違いを比較した形式でわかりやすく説明することができる。

❸日本語でのコミュニケーションに問題がない

日本人会計士の他に日本人コーディネーターも1名アサインされるため、繁忙期に日本人会計士がつかまりにくい場合などであっても、日本語のコミュニケーション・チャネルが確保されています。

日本語でのコミュニケーションに問題がない
決算前の準備がしっかりしている

❹決算前の準備がしっかりしている

決算の2か月ほど前に決算打ち合わせを必ずすることになっているため、決算前に論点確認ができる他、決算方針を理解したうえでの決算が可能になります。また日本人会計士・コーディネーターがいるため、日本の親会社や株主を交えた決算方針協議ができます。

❺決算スケジュールが守られる

決算準備の打ち合わせが行われることにより、決算スケジュールを共有することができます。マレーシアの決算および税務申告の法定の期限は、日本より遅いため、ローカル事務所に任せていると、いつまでたっても決算が終わらないと感じます。弊社では必ず決算スケジュールのご要望を確認して、それを順守することになっています。これが何らかの理由によって遅延する場合は、早めに報告及び了解を得ることになっています。

決算スケジュールが守られる
日本に関連事務所があるため、連携したサービス提供も可能

❻日本に関連事務所があるため、連携したサービス提供も可能

フェニックスは日本にも関連事務所があります。そのため、日本事務所と連携したサービスが可能です。例えば、マレーシアの子会社の記帳を東京で行い(親会社の経理部にてモニタリングしたいため)、税務申告等をマレーシアで行うなど、ニーズに応じてカスタマイズ可能です。

❼マレーシア以外の国にも対応
アジアで展開している企業には使い勝手が良い

フェニックスグループは自社グループで日本の他、シンガポール及びインドネシアにも事務所を展開しております。その他、グループ主催のフェニックス国際税務研究所では、世界各国の税務にも対応しています。該当国に拠点をおくクライアントに対しては、各国事務所と連携したサービスの提供が可能です。

マレーシア以外の国にも対応 アジアで展開している企業には使い勝手が良い

© PHOENIX CORPORATE ADVISORY MALAYSIA SDN. BHD.